冷えとりと念仏

冷えとり健康法をやっていると、

 

割とよく奇妙な眼差しを向けられるんです(笑)。

 

まあね、靴下何枚も重ね履きするなんて

 

「常識」から見れば

 

「ぜったいにおかしいよ~!」

 

ってことになるのかもしれないけれど、

 

いいんですよ、別に。

 

誰にどう言われようが、とにかく心地よいので。

 

 

 

「そんな変な格好してまで健康になりたいの?」

 

「ていうかそんなに不健康なの!?」

 

みたいなことも(間接的に)言われたりするんですけれど、

 

うーん、それはちょっと、っていうか、絶対的に違うかなあ。

 

「(未来に)健康になりたい」というより、

 

「(いま)健やかでありたい」というか、

 

足元が冷たいよりはあたたかい方が心地よいので

 

やっているだけなんですよね。

 

 

 

基準がいつだって「いま」にある、ということです。

 

未来志向じゃない。

 

 

 

もちろん、最初は、からだの不調をどうにかしたくて始めました。

 

病気を治すために、多少不格好だろうが背に腹は代えられぬ、

 

というところから靴下を何枚も履くようになりました。

 

で、数年経ったいま、

 

当時の不調はもうほとんど消えてしまったのですが、

 

私は、当たり前のように靴下を重ね履きして、

 

20分以上の半身浴を欠かさないようにしています。

 

なぜなら心地よいからです。

 

そうしている「いま」が、心地よいからです。

 

 

 

……というより、

 

最近では「心地よいから」とも考えていないかもな。

 

ただ履く、ただ入る、ただあたためる、ただ巡らせる。それだけ。

 

 

 

念仏と一緒ですよね(笑)。

 

南無阿弥陀仏も、もはや「なにかのために」となえていない。

 

「となえよう」「となえなきゃ」と思ってすらいない。

 

ただ、南無阿弥陀仏。それだけ。

 

そこには「いま」しかない。

 

 

 

結局、なんでも、真剣にやっていれば、

 

最後には「いま」に還っていくんじゃないかな。

 

でも、まさか靴下の重ね履きから

 

「いま」にいくとは思っていなかったな~(笑)。

 

 

 

面白いですね。

 

ありがたいです。

 

 

 

南無阿弥陀仏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よい一日をお過ごしください◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

©Yoko Koide