変化の波、変化と波

相も変わらず、変化の真っただ中にいます。

 

秋になってから、さらに加速している感じもあって。

 

 

 

仕事から、環境から、人間関係から、

 

それらに対する個人的な感懐から……

 

ほんとうに、いろいろいろいろ変わっていくなあ……。

 

 

 

あまりにも私が「変化! 変化!」と叫ぶものだから、

 

周りの人たちのあたまには

 

「小出=変化大好き人間」

 

みたいな図式が浮かんでいるかもしれないのですが、

 

変化って、自分で起こそうと思って

 

起こせるものじゃないんですよね。

 

ぜんぶ、「おのずから」やってくるものであって、

 

「みずから」どうこうできるものではない。

 

 

 

海を漂う波は、その姿かたちや進むべき方向を

 

決して自分の力で決めることができません。

 

ぜんぶ、海全体のダイナミズムの中で起きていること。

 

 

 

それと同じで、私たち人間は、

 

自分の姿かたちや進むべき方向を

 

自分の力で決めることはできないんですよね。

 

ぜんぶ、全体からの要請の中で、

 

ごくごく自然に、起こることが起きてくるだけ。

 

 

 

私は、ただ、それを、

 

受けいれるという意識もないままに

 

受けいれているだけ。

 

 

 

「そんな流されるような生き方は嫌です!」

 

というような意見もあるでしょうけれど、

 

どうだろう。

 

流されるべき「私」をそこに想定するから、

 

抵抗、つまりは苦しみが生まれてしまうんじゃないのかな。

 

 

 

「波」と「海」との境目なんて、

 

ほんとうはどこにも見当たらないように、

 

「私」と「全体」との間の区別なんて、

 

ほんとうはどこにもないんじゃないかな。

 

 

 

変化を苦しく感じるときは、

 

自分の正体を思い出せばいい。

 

 

 

「自分はひとひらの波なんかじゃない、大きな大きな海なんだ」

 

 

 

海そのものであることを思い出すことができれば、

 

おそいかかる荒波、それ自体が消えてしまいますから。

 

 

 

大丈夫ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よい一日をお過ごしください◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

©Yoko Koide