「俺がやさしいわけじゃないよ。猫が可愛いだけだよ。」

最近、夫が猫に夢中でして、

 

ヒマさえあればYouTubeで猫動画を観続けています……。

 

一緒に近所を歩いているときも、道端のノラ猫たちに

 

くまなく慈愛のこもった視線を送っているので、

 

「けいちゃん(夫の呼び名)はやさしい人だねえ~」

 

と言うのですが、

 

夫はそのたびにニュートラルな表情に戻って

 

このように言うのです。

 

 

 

「俺がやさしいわけじゃないよ。

 

猫が可愛いだけだよ。」

 

 

 

!!!

 

 

 

この発言……

 

毎回、地味に感動してしまいます……。

 

 

 

「俺」という、固定化された

 

「やさしい人物」がいるわけではなく、

 

「猫」という「縁」(この場合「因」かな?)によって、

 

「やさしさ」というものが、一時的に

 

「俺」の身の上にあらわれているだけなんだ、と……。

 

 

 

夫はいちいちここまで解説しないけれど、

 

(解説していたら単なる理屈っぽい猫おじさんですよね。笑)

 

まあ、たぶん、こういうことなんだろうな~、と……。

 

 

 

なんて仏教的な……!!!(笑)

 

 

 

いや、ほんと感動しますよ。

 

 

 

「やさしい人」

 

「怒りっぽい人」

 

「泣き虫な人」

 

「よく笑う人」

 

「あたまのいい人」

 

「意地悪な人」

 

「おしゃべりな人」

 

「無口な人」

 

「正直な人」

 

「うそつきな人」

 

 

 

そういう数多の「〇〇な人」は

 

言語によるレッテルであって。

 

すべてその時々の縁によって

 

瞬間ごとにあらわされた性質に過ぎないんですよね。

 

 

 

固定化された「〇〇な人」なんて、

 

ほんとうは、どこにも存在しなくて、

 

ただ、縁がたわむれているだけで……。

 

 

 

うちの猫おじさんに学びました(笑)。

 

 

 

ありがたいことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よい一日をお過ごしください◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

©Yoko Koide