あげられるものすべてをあげる

===========================================================

 

夏草のなか透けてみた笑顔ならあげられるものすべてをあげる (天野慶)

 

===========================================================

 

 

 

 

 

「あげられるものすべてをあげる」って……

 

すごいですよね……。

 

 

 

「あげられるものすべてをあげる」

 

誰かに対して、こんな風に爽やかに、

 

力強い思いを捧げたことなんか、あったっけ?

 

……と、思いを巡らせてみたところ、

 

割とすぐに、

 

「ある」

 

「ふつうにある」

 

という回答が浮かび上がってきたので、

 

自分で自分に驚きました(笑)

 

 

 

というか、これに関しては現在も絶賛進行中ですね。

 

私が、「あげられるものすべてをあげる」と思っているお相手は……

 

世界そのもの、です。

 

 

 

この場合の「世界」は、

 

「神」とか、「仏」とか、「宇宙」とか、

 

「Life」とか、「Love」とかと、

 

そのまま同義です。

 

 

 

 

 

ある強烈な「願い」が

 

私のど真ん中に根をおろしていることに気がついたのは

 

いつのことだったでしょうか。

 

 

 

「世界よ」

 

「どうか、私を、お使いください」

 

「すべてを、ささげます」

 

 

 

この、「祈り」にも似た「願い」が、

 

私をして、いろいろな行動に駆り立てるようになったその頃から、

 

私は、ようやく、「人生」というものを、

 

ほんとうの意味で、楽しむことができるようになった気がするのです。

 

 

 

 

 

「私が、世界に対して、なにかを要求する」

 

のではなく、

 

「世界が、私という存在に求めることを、ただただ、愚直に叶えていく」。

 

 

 

そうしていくうちに、

 

「私」の範囲がどんどんどんどん拡大していって、

 

最終的には、「すべてとひとつ」となってしまう……。

 

 

 

これ以上の「しあわせ」を、私は知りません。

 

 

 

 

 

だから……

 

 

 

 

 

「世界よ」

 

「どうか、私を、お使いください」

 

「すべてを、ささげます」

 

 

 

「私と、“ひとつ”になってください」

 

「ただただ、“ひとつ”であってください」

 

 

 

 

 

 

 

今日も、祈って、願って、求めて、求められて、

 

爽やかに、力強く、はたらいていこう。

 

 

 

よい一日を◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

©Yoko Koide