ブログ移転のお知らせ

今後はこちらのサイトで、引き続き、ブログを書いていきます。

応援、どうぞよろしくお願い申し上げます◎

 

【Temple Web】 → http://temple-web.net/

【小出遥子Blog】 → http://temple-web.net/blog/

 

 

 

「koideyoko.com」終了します。そして……

みなさん、おはようございます。

 

 

 

突然ですが、本日をもって、

 

このkoideyoko.comは終了いたします。

 

 

 

永らく(と言っても2年半弱か……)のご愛読、

 

まことにありがとうございました。

 

 

 

毎日お読みくださった方。

 

毎日ではないけれど、気が向いたときにお読みくださった方。

 

一度きりだったけれど、一度はお読みくださった方。

 

どなたも、等しく、ありがたい存在です。

 

 

 

毎朝、完全にフレッシュな気持ちで記事を書き、

 

淡々と更新を続けて参りました。

 

ここから広がるご縁の数々は

 

すべて、かけがえなく、尊いものでした。

 

 

 

koideyoko.com、

 

別名“「はるかにあらず」ということ”が、

 

私はほんとうに大好きです。

 

 

 

でも。

 

どうやら、次の季節がやってきたようです。

 

 

 

諸行無常がこの世のならいである限り

 

向こうからやってきた変化の波には、

 

「はい!」と素直に返事をして、

 

思い切って乗ってしまうのが良いみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……ということで、私、この秋、

 

あたらしいメディアを立ち上げます!

 

 

 

その名も 「Temple Web」

 

 

 

「いのちからはじまる話をしよう。」

 

をメインテーマに掲げ、

 

さまざまな方々と、その場その場のご縁にしたがった、

 

一期一会のスペシャルなダイアローグを

 

(「インタビュー」ではなく「ダイアローグ」です)

 

ただただシンプルにたのしんでいく場です。

 

 

 

私が2015年の1月から主宰している

 

対話のつどい「Temple」

 

密に連動させたメディアにしていきます。

 

 

 

Templeも、今後はもっともっとオープンに、

 

もっともっといろんな縁ある場所で、

 

もっともっと積極的に(でも淡々と)

 

開催していきたいと考えています。

 

このサイトは、そのためのベースキャンプです。

 

 

 

あ、そうそう。

 

ブログもね、このメディアのいちコンテンツとして、

 

これからも毎日書いていきますよ~。

 

 

 

koideyoko.comではほとんどやってこなかった

 

小出遥子個人の活動報告も、

 

今後はじゃんじゃん(?)書いていこうと思います。

 

 

 

もちろん、このブログに書いてきたようなエッセイも

 

引き続き、じゃんじゃん更新して参りますので、

 

どうか、ご安心くださいませ(笑)。

 

 

 

 

 

変化は、たのしいものですね。

 

32年間生きてきて、ようやくそう思えるようになりました。

 

 

 

Temple Webは、そんな自分へのギフトです。

 

そして、きっと、めぐりめぐって、

 

たくさんの方へのギフトになるのではないかな。

 

そんなことを、なんの力みもなく、思っています。

 

 

 

 

 

Temple Webは、明日、9月23日に公開予定です。

 

公開時刻は……ごめんなさい、未定です!

 

でも、公開されたら、すぐに、もうその瞬間に!(笑)

 

ここでお知らせいたしますね。

 

 

 

 

 

ということで、新生メディアと、新生小出遥子を、

 

どうか、あたたかく見守ってくださいますよう、

 

こころからのお願いを。

 

 

 

そして、あらためまして、

 

koideyoko.comから広がっていった

 

おひとりおひとりとのかけがえのないご縁に、

 

こころの底の、一番深いところからのありがとうを。

 

 

 

ほんとうに、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

Temple WebのURLは以下です。

 

素晴らしい構成&デザインになっていますよ。

 

(自分で言った! いやいや、すべてプロのおかげさまです!)

 

どうかご期待くださいませ。

 

 

 

http://temple-web.net/ (2016年9月23日公開予定)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、ありったけの思いを込めて……

 

今日も、どうか、

 

良い一日をお過ごしください◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※koideyoko.comは、

 

今後数年間はネット上に残しておきます。

 

いつまで残すかは未定ですが……

 

まあ、3年は残っているかな?(てきとう!笑)

 

すぐに消したりはしないので、どうかご安心を~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

858日間

このブログも、今日で連続更新858日目だそうです。

 

858日目……

 

とくにキリがいい数字でもなんでもないですね(笑)。

 

 

 

私、いまさらっと「連続更新」って書きましたけれど、

 

でも、いったいなにが「連続」しているんですかねえ。

 

 

 

というか、

 

そもそも「連続」という概念自体、

 

フィクションでしかなかったりして……。

 

 

 

「連続」って、

 

「切れ目がなく続くこと」っていう意味ですよね。

 

 

 

でも、

 

この世に「切れ目がなく続くこと」なんて、

 

ほんとうに存在するのかな?

 

 

 

ほんとうは、すべて、

 

瞬間ごとに完全に完璧に完結していて、

 

二度と同じ場面がやってくることなんか、

 

ないんじゃないかな。

 

 

 

事実、私はいま、

 

生まれてはじめてこのブログを書いています。

 

 

 

ほんとうですよ。

 

レトリックでもなんでもなく、

 

この瞬間は、完全、完璧に、

 

「はじめまして」の瞬間なんです。

 

 

 

ここには、事実、

 

「はじめまして」の「いま」だけがあるんです。

 

 

 

858日間、連続でブログを書き続けてきました!

 

……というのだって、ほんのひとつのアイディアに過ぎません。

 

この、完全、完璧に「はじめまして」の「いま」に、

 

どこからともなく湧き上がってきた、

 

ひとつの儚いアイディアに過ぎません。

 

 

 

858日なんか、ほんとうのところ、どこにもない。

 

ほんとうのほんとうのほんとうに、どこにもないんです。

 

フィクションなんです。

 

フィクションに過ぎないんです。

 

 

 

……それでも。

 

それでも、です。

 

それがどうしようもなく「フィクション」だったとしても、

 

私にとっては、

 

やっぱり、かけがえのない858日間だったのです。

 

大切な大切な、858日間だったのです。

 

そこは、ぜったいに否定なんかできない。

 

 

 

ありがとうございました。

 

ほんとうにしあわせな、858日間でした。

 

 

 

……「でした」???

 

 

 

「でした」って、

 

ちょっと、これいったいなんのフラグよ?????

 

 

 

……という叫び声が聞こえてくるかこないかは置いておいて(笑)

 

このブログで、ひとつ、

 

私からみなさんに発表したいことがあります。

 

明日の更新をお待ちいただけますとさいわいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よい一日をお過ごしください◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほうっておけばいいんですよ

「私はエゴ的な思考につかまってばかりです。

 

苦しいです。どうしたらいいですか?」

 

 

 

……みたいな質問を、ごくごくたま~に受けるのですが、

 

いやー、どうしたらもこうしたらもないですよね。

 

ほうっておくしかない。

 

 

 

……なんて言うと冷たい感じに取られるかもしれませんが、

 

でも実際ほうっておくしかないんですよね。

 

 

 

エゴなんて、自分の力では絶対に消せないから。

 

なぜなら、エゴは自分のものじゃないからです。

 

 

 

自分のものだったら、自分の思い通りに

 

出したり引っこめたりできるはずですよね。

 

 

 

でも、実際はそうはなっていない。

 

 

 

ってことは、つまり、繰り返しますけれど、

 

エゴは自分のものじゃない、っていうことです。

 

 

 

だから、ほうっておくしかない。

 

 

 

大丈夫ですよ。

 

この世界のど真ん中にドーンと鎮座ましましている

 

「諸行無常」の法則は、

 

エゴにもばっちり適用されていますから。

 

 

 

「諸行無常」であるがゆえに、

 

ほうっておけば、

 

エゴっぽい思考も感情も感覚も、

 

ぜったいにぜったいにぜったいに!

 

あとかたもなく消えていきますから。

 

 

 

エゴは自分のものじゃないし、

 

そもそも誰のものでもない。

 

単なる儚い「あらわれ」でしかないんです。

 

 

 

それをいちいちガッシリ掴んで

 

「このエゴは自分のものだ!」

 

「責任取らなきゃ!」なんてことを言って、

 

ごちゃごちゃごちゃごちゃいろいろやるから、

 

“おエゴさま”の滞在時間が長くなっちゃって、

 

結果、

 

「く、苦しい……」

 

ってなっちゃうんじゃないかなあ。

 

 

 

責任なんて取らなくていいんですよ(笑)。

 

何度も言うけれど、エゴは自分のものじゃないから。

 

そもそも誰のものでもないから。

 

 

 

エゴっぽいなにかが出てきたときは、

 

「やあ、よく会いますね~」

 

って軽やかに挨拶をして、

 

あとはつかず離れず、ほうっておけばいい。

 

気がついたときにはいなくなっていますから。

 

 

 

まあ、そうは言っても、

 

「このエゴ、どうにかしなきゃ~」

 

って言って暴れまわることだって、

 

起きてくるときには起きてくるんですけれどね。

 

(私だってしょっちゅうです!)

 

それも、やっぱり、

 

自分の意志で決められるものではないので。

 

 

 

でも、ジタバタと暴れまわりながらも、

 

「まあ、これも一時のこと……」

 

と、ベースの部分で、

 

じっと静観していることも可能なんですよね。

 

 

 

どのみち、大丈夫なんですよ。

 

ほんとうに、「大丈夫」しかない。

 

なぜなら「諸行無常」だからです!

 

(しつこい?)

 

 

 

大丈夫ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京は雨降り。

 

よい一日をお過ごしください◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

からだが本体、あたまは飾り(再び)

ちょっと前によく書いていたんですけれど、

 

なんとなく、この知恵を

 

必要としている人がいるような気がしたので、

 

久しぶりに書きますね。

 

 

 

どうにもこうにも気持ちがざわついて

 

ごちゃごちゃと混乱しちゃってどうしようもないときは、

 

「おなかが本体、あたまは飾り」

 

っていうことを思い出せばいいですよ。

 

 

 

おなかっていうのは、

 

この場合、おへその下あたりのことです。

 

下腹部のこと。

 

女性だったら子宮があるあたり。

 

 

 

ここに、自分の「本体」があると仮定して、

 

そのあたりを意識したまま、

 

まずは息を細く長く吐き出すんです。

 

吐いて吐いて吐き切ったところに、

 

必要な分の空気はかならず流れこんでくるので、

 

まずは「吐く」ことに集中してみてください。

 

 

 

あたまにあった「本体」を、おなかにおろすような感じ

 

……と言ったらわかりやすいでしょうか。

 

 

 

それを何回か繰り返しているうちに、

 

心身が落ち着いてきます。

 

 

 

落ち着いたこころとからだであたりを眺め渡してみたら、

 

たぶん、なんらかの気づきがやってくるはずです。

 

 

 

……まあ、あえてことばにするのなら、

 

「ああ、もう、すでに、すべてが、

 

受けいれられていたんだなあ……」

 

というような気づきですね。

 

 

 

「受けいれられない!」

 

と叫んでいるのはあたまだけで、

 

おなかを中心としたからだ全体は、

 

いつだって、なんのジャッジもせず、

 

起きてくるすべてと、ただ、ともにあるんですよね。

 

 

 

そこでは、

 

「受けいれられない!」という思いすら、

 

絶対的に受けいれられていて……。

 

 

 

からだは「いま」への

 

頼もしい碇(アンカー)になってくれる。

 

使わない手はないですよ。

 

 

 

ということで、

 

「おなかが本体、あたまは飾り」

 

オススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よい一日をお過ごしください◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

©Yoko Koide